暗号化ソフトの欠陥

XPのセキュリティーサービスが終了して少し経ちますが、買い替えしたパソコンの廃棄処分も大変だそうですね。

それに伴ってかセキュリティーを保持するはずの暗号化ソフトの欠陥でバンバン不審アクセスも増えてるとか。

下手すればインターネットのセキュリティーソフトなんかも更新される前にウイルスの方が先に侵入してくる可能性が高いなんて言われてますから、完全にパソコンを守ろうとするとネットから切断しなきゃいけないんですね。

でもネットの出来ないパソコンなんて今時流行りもしませんから悲しい話しですよ。

自分のパソコンだけを守るのではなくて、そこに入ってる他人様の情報やメールの情報なんかも守らないといけませんからね。

便利なものには必ず穴があるってことを頭に入れておかないといけませんね。

悪いことをしても叱られない時代

学校教育でも最近は悪いことをしても叱られない時代になったんだなと思うことが多々あります。

行き過ぎたものはちょっと問題ですけど、自分たちの時代は忘れ物をしたらケツパンとか、出席簿で頭をたたかれたりとかしました。

それをきっかけに次からは忘れないようにしようと思ったりもしたんですけどね。

男子も女子も関係なく叱られたりたたかれたりしましたが、今は暴言ですら問題視されるから先生たちも生徒に当たらず触らずの教育になってしまいますよね。

行き過ぎとそうでない差って目で見れるものではないし、ひとことの捕らえ方も個人差あって難しいですからね。

訴えられるもの嫌だから悪い事してても注意すら出来ない時代が続いていくって悲しいなと思います。

追跡中の事故の問題

追跡中のパトカーと一般の人や車との接触事故が多発していますが、本当にパトカーは悪くないんでしょうか。

もちろん容疑者追跡中に必死になっていることも多いでしょうし、それも職務の一環だとは思いますが、最近事故が多いから怖いです。

サイレン鳴らしてるならまだしも鳴らさず無音でハイスピードだったりするとどっちが悪いのかわかりませんよね。

交通事故は当人同士だけじゃなくて、周りも巻き込むことがあるだけに他人事じゃないなと感じます。

音楽やスマホをしながら歩いてる人なんかみると、万が一ここで車が突っ込んできたらどうするんだろうとか勝手に思ってしまいます。

事故の詳細を調べるにも全道路に防犯カメラつけてるわけじゃないので完璧じゃないですよね。

宝塚流キスシーンがカッコ良すぎ

先日数少ない好きなテレビ番組のジョブチューンを見ていたのですが、知らないことが世の中たくさんあるなと感じさせられました。

女子で192cmのバスケット選手がいるということも知らなかったし、この番組はいい勉強になりますね。

宝塚流キスシーンの再現もやってましたけど、カッコ良すぎて発狂ものでした。

男役の方たちは演技だけで男性を演じるのではなくて日常からそう言うしぐさとか立ち振る舞いで過ごすんですね。

舞台用メイクでなくともすっぴんでもきれいな方が多いから、一般の人と混じっていても目立つでしょうね。

一般過ぎる風体の私からするとうらやましい限りですが、どこへ行っても何をしてても目立つのはしんどいかもしれませんね。

携帯の占める家計

先日ニュースを見ていて街行く人に自分使っているスマホの料金についてインタビューしていたのですが、その金額の高さに驚愕でした。

うちは家族誰もスマホどころか携帯も持ってないのですが、毎月2万円近くも払ってたんじゃとてもじゃないけど生活できません。

自分のお子さんにスマホを持たせている家庭もあると思いますが、裕福なんでしょうね。

万が一のときにでも携帯は持っていた方がいいと思いますが、プリペイドとか、ガラケーで十分だなと実感しました。

仕事上仕方なくという場合もあるでしょうけど、かなりの高級品なだけにもっと値下がりしてくれるとユーザー数増えると思うんですがね。

今の高さだと所持するのですら躊躇してしまいそうです。

小保方さんの記者会見

STAP細胞問題で小保方さんの記者会見をニュースで見ました。

その後も専門家らしき人が科学的な根拠に問題があるなどとコメントを発表していますが、自分がやったこともないような人がそういう発言をするのはどうかと思います。

実際何度も出来て存在すると言ってるわけですから、発表された方法で出来ないとしても、何かの落ち度で間の工程を飛ばして書いたのかもしれません。

研究をしながら文章を書いたりって難しいと思うんですよね。

画像の切り貼りはちょっと良くないと思いますが、まずはこのSTAP細胞を創り出してから考えればいい事だと思いました。

一人に全責任を突きつけて、まるで何かの犯罪者のような扱いは間違ってると思います。

トヨタの大リコール

トヨタがまた大型のリコールで話題になっていますね。

車種も大人気のヴィッツなど13車種で総勢639万台だそうです。

私の知人も多くがトヨタ車を愛用しているので、今回のリコールに当たるから怖いと言ってました。

アメリカやヨーロッパだけでなく世界中で日本の車は性能がいいと言われているだけに今回の大型リコールは信用問題にもかかってきそうですね。

世界のトヨタがここ数年リコールが多いような気がします。

もちろん車種もユーザーも多いからすごく多大なように聞こえてしまいますが、信用回復のためにもちょっと本腰入れて細かい部品1つ1つまで見直しをしたほうがいいですね。

性能がいいだけでなく、壊れにくく耐久性抜群の代名詞も今後の事業展開を見据えてGETしておくべきでしょう。

実質0円の文句

契約者数を増やしたい狙いから店頭に貼りだすチラシとか新聞の折込なんかでも実質0円のうたい文句が多く書かれていますが、本体価格は結局分割で払うことになります。

この本体価格がかなり高額なため、申し込んだときは0円でよかったものの次の月から泣く羽目になるのでしっかり確認しておく必要があります。

私は最近では珍しい部類で、携帯を所持しない主義なのですが、昔は新機種が出れば機種変してた人でした。

今のスマホでは本体価格が高いから、機種変するのもそう簡単ではなくなりましたね。

今思えばその機種変代をしっかり貯金していれば今頃比較的いいところに引っ越せたのになと後悔先に立たずです。

お金はなくなってから大事さがわかるといいますが、まさにそのとおりだと思いました。

貧乏には貧乏なりの工夫

本当なら焼肉を腹いっぱいほおばりたいところなのですが、去年の暮れに愛用していたお店が急に閉店してしまって、いいお店を選んでる最中なんです。

しかも今は車もないから行くにも行けません。

それでも肉食派の我が家の住人の胃袋を満足させにゃならんので、いろんな工夫をしています。

中でもカルビ丼と称した安い味付け肉をたっぷり載せたどんぶりは大好評。

わかめたっぷりのスープと一緒に出せば満たされますからね。

それでも一人200円もかからないから万々歳です。

ちゃんと車も普通に所持できて、家計に圧迫しない程度まで復活するまでは外食はファーストフードのみにするつもりです。

工夫1つでお腹もキモチも満たされるってお得ですよね。

 

早速のドラマがシングルマザー役とは。

離婚騒動が勃発しているミポリンがなんとNHKドラマでシングルマザー役で出演するそうですね。

何の因果かわかりませんが、照らし合わせたような設定に思わず同情してしまいます。

夫婦の不仲は元より、お子さんがいるといろんな意味で離婚って難しいと思うんですね。

父親がいない不安と言うのは子どもにはあると思いますし。

それでも母親を心配させたくない一心で寂しいなんて言葉一切口にしないものなんです。

女優として地位は確立しているものの、女で1つで生活していくには、強豪の他の女優さんよりメディアに出ていかないといけないわけですから、これからが大変でしょう。

そんなところのこのドラマとなると神様のいたずらのように思えてしまいますね。